生産者や食品製造業者の海外販路開拓等の取組を支援します!

協議会案内

一般社団法人 九州経済連合会は、九州の食輸出推進の取り組みとして、2020年1月に、九州の地域商社5社を会員とするプラットフォーム「九州の食輸出協議会」を設立致しました。
2020年6月から食の輸出相談窓口となる専門家を当会内に配置し、生産者の輸出相談、生産者と会員のコーディネート・伴走支援、会員間の共同事業等の取組を実施しています。

 

協議会概要
協議会名 九州の食輸出協議会
設立目的 九州は、農林水産物・食品(以下「食品等」という)産業の盛んな地域であるが、国内需要の減少、担い手の高齢化や後継者不足等の構造的な課題に直面している。食品等産業が地域で生き残るためには、海外需要の開拓は不可欠である。しかし、九州の食品等産業は中小規模の生産者(以下「生産者等」という)が多く、自ら海外への販路拡大、輸出実務等を行うことが難しく、輸出を断念する者が多く存在する。そこで、地域に拠点を置く商社(以下「地域商社」という)が連携し、上記課題を解決し、生産者等とともに九州の食品等の輸出を推進することを目的とする。
所在地 〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 電気ビル共創館6階
電話番号
FAX番号
TEL:092-791-4268
FAX:092-724-2102
事業内容 (1)海外への販路拡大
(2)生産者等と地域商社との円滑な情報共有のためのプラットフォーム整備
(3)生産者等に対する輸出相談窓口
(4)生産者等に対する地域商社の紹介及び地域商社に対する生産者等の紹介
(5)対象国への輸出拡大を目的とした国内外の展示会への出展
(6)会員間の連携や会員と生産者との連携による新商品開発・輸送・販売等 の共同事業
(7)上記事業に付帯する事業
事務局 一般社団法人 九州経済連合会 農林水産部内

 

協議会規約(2021年3月23日更新)

個人情報保護方針